「日記的」というエクササイズ

僕は今「日記的」と名づけた作品シリーズを描いている。

1日3枚、はがきに何かを描いてinstagramにアップすることにしているしている。あまりに実験的な日はアップしないこともある。動機は、単純な話で絵は描き続けなくては良くはならないから。つまりエクササイズとして描くことにしたのだ。

フリーランスで仕事を続けて数年が経つ。仕事でイラストを描く機会は多いのだが、やはりそれ以外にも自分自身が自発的に考え発表して行かなくては自分の中の何かが乏しくなってしまうと感じた部分もあってこのようなシリーズを制作することにした。

今はSNSなどもあり、描いてすぐに気軽に人目のある場所に発表することができる。それが知りあいばかりのアカウントであったとしても、ある程度人目があるということと幾らかの反応もあり描き続けるモチベーションを保つことにつながっている。

描く目的自体は変わらないがその内容はいくらか変わってきている。最初はただ描くだけだったのだが、いまは一定のパターンをもった均質な作品を量産するということを目的としている。そのために肉体的に体にインプットするような描き方でなく、各プロセスをある程度分解して提示できるようなものにしたいと思って描いている。絵画的な面白みの無い、単層的なデザイン作品となっているはずだ。なぜこのような事になったのかはわからないのだけれど、意外に機械的にこの作業をこなすのはさほど苦痛ではないし、今は楽しい。でもいずれ飽きるとは思っている。

今後どのように内容が変わっていくかは分からないけれど、1日3枚は続けていきたいと思っている。

もしご興味のある方がいらっしゃいましたらinstagramのこちらのアカウントの方をフォローして下さいませ。
20150428_d

このようなかたちでinstagramにアップしています。

IMG_6036

2月くらいから始めたので結構な厚みになっている。